日記

2018-09-13 02:38:00

事業を始めるとき、最初にすべきこと

 

事業を始めるとき、最初にすべきことはなんでしょうか?

資金を用意するのはもちろんですし、店舗を構えるなら、場所の市場調査も必要です。物件も探さなくてはなりません。要るものをリストアップする必要があります。

 

あくまで私個人の体験としてですが、

もしあなたが個人事業主として、自営業を始めるとしたら。

既に事業の内容は決まっていて、開業することも決定していたら。

 

すぐにでも始めたいのはホームページの作成です。

 

まだ物件も何も決まっていなくとも、ホームページは公開しなければ人目に触れることはありません。

安心して作成に専念できます。

 

事業を開始できる段階で公開すればなんの問題もないのです。

 

では、なぜホームページが真っ先に必要なのか?

 

それは、事業が本当に行われているのか、実在するのか、どのような事業なのかを知る第一手段だからです。

 

今や、どの企業でも真っ先にサイト検索から始めます。

それが早くて確実だからです。

 

もちろん、それだけでは実在する確かな事業なのかどうかの確認にはなりません。

ですが、最初に使う手段がサイト検索です。

 

つまり、サイトがなければ話にならないということにもなります。

ちょっと言い過ぎのように聞こえますが、実際そのような流れになってきています。(業種にもよるとは思いますが)

 

 

個人事業主として銀行口座を開設するにも、クレジットカードを申し込むにも、モバイル決済を申し込むにも、全て「HPのURLをお知らせください」となります。

 

なくても何とかやりようはありますが、あれば全てが早く進みます。

 

実際に事業を開始すれば、営業する先々でHPがあるのか聞かれ、聞かれずとも事業所名で検索されます。

 

ホームページは簡単なものでもいいので、是非作成しておきましょう。

作るからには、「なんのために作るのか」を明確にしてページを仕上げていくと良いかと思います。

 

視覚的にオシャレにするよりも、事業の存在を認知してもらうことの方が先決です。内容を充実させていきましょう。