日記

2018-10-28 15:15:00

テーピングの効果

 

こんにちは、大島治療院 です。

もう10/28。あと3日で10月もこのブログも終わってしまいますね(涙)。

 

 

今日は先日に続いてテーピングの話をしたいと思います。

今回は、ふくらはぎが肉離れしそうな状態でスポーツ(試合)をしたい方がみえました。

何もせずに出場すれば、間違いなく即退場です。もしその場に残れても、いいプレイはできないでしょう。

 

ということで、試合前にテーピングをして対処することにしました。

テーピングは傷めた患部を保護しつつ筋の伸縮をサポートしてくれます。

 

テーピングの一番の狙いは浮腫を防ぐことです。

テーピングをすると外から圧迫できます。この圧迫が浮腫を抑えてくれますが、同時にテーピングで皮膚を外側へ引っ張ることが重要です。

 

皮膚が引っ張られると内部に隙間ができます。この隙間が水分吸収の手助けとなり浮腫を防いでくれるのです。

 

浮腫はスポーツトレーナーとして避けたい症状です。

二次的障害…正常な組織を腫れで圧迫して痛みの連鎖が起こります。

 

浮腫を避けることができれば早い治癒が望めます。

 

 

ちなみに今回のお代はタダです。

だってこれは私の足ですから(笑)。

 

 

自分でやってみて、改めてテーピングの良さを実感するばかりです。

 

怪我をしないことが一番大切なんですけどね。