日記

2020-06-20 23:12:00

絆創膏もピンキリ

 

今日も何気ない日常生活からのつぶやきを一つ。

これは上げたいと思っていた画像の一つです。

 

 

 

 

これは市販の絆創膏です。

 

我が家では、ちょこっと怪我をしたり痛かったりすると、

「手当て」を求めてジュニアたちが寄ってきます。

 

心のどこかが不安になって、

その不安を解消しようと訴えている

 

そう思っているのですが、傷の程度は大したことありません。

 

ここで活躍するのが絆創膏とワセリンです。

少々もったいない気もしますが、我が家では「安心」を得るために結構な頻度で出動しています。

 

 

この自粛期間中、物資が手に入らず皆さんお困りになったかと思います。

最近ようやく出回るようになった物もありますよね。

 

 

この時も、絆創膏の補充分を求めてドラッグストアへ行きましたが、たまたまいつもの商品が在庫切れに。

 

仕方がないので、別のメーカーのものを購入しましたが、なんだか安い。

安いぞ!これ‼

と、値段に驚きながらも

他がないのでとても安いこの絆創膏を買って帰りました。

 

 

すぐに患部に貼りつけて数時間。

ふと見ると、なんだかおかしい。

 

何がおかしいのか近づいて確認、

見て納得です。

あるはずの真ん中のガーゼ部分がごっそり抜け落ちています。

 

 

ちょっとびっくりしました(・・)

こんなことは初めてでしたから。

 

…たまたま取れてしまったのかな?

と、気を取り直して貼り直しました。

 

 

結局同じことになってしまうので、

子供には「治ったから取れたんだね」と言ってごまかしました(汗)

 

 

安かろう悪かろう

 

そんな言葉が頭を過ぎるに充分な出来事でした。

 

 

お値打ち品は助かりますが、求める機能が果たせないのならもったいないだけ。

 

もったいない買い物をしてしまいました。