日記

2020-07-08 10:53:00

頭の怪我の処置 ~止血とそのあと~

 

皆さん、こんにちは。

またまた日が空いてしまいました。

ブロガーやユーチューバーなど毎日更新している人たちの凄さを(ほんの一部ですが)感じます。

 

日々の慌ただしさにかまけていてはいけませんね💪

 

 

さて、数週間前のことです。

施術訪問や現場でのトレーナー活動、zoomなどなど、自宅を出たり入ったりの頃に迎えた週末。

うちの次男坊が室内で飛び跳ねて、家具の角でゴチン‼

 

勢いで跳ねてくるほどの瞬時の出来事でしたが、直後にギャン泣きの大騒ぎになりました。

 

凄まじい泣き方に、すぐさま抱き寄せながら打ったであろう箇所を探すと、額から出血🩸

 

 

頭部は危険なんです。

ほんとうに。

 

 

皮膚が裂けて傷口が開き、止まりませんから。

 

流れ出る血を見て、咄嗟に手で圧迫

ガーゼを複数枚重ねて、手の下に素早く入れて圧迫

10~15分ほど維持

ガーゼの上の方の血の染み具合をチェック

(ガーゼを足すかどうかを判断するため)

割と白かったのを確認(止血)

患部にガーゼを固定

(圧迫の間に)休日診療の外科を検索

病院にTEL

出発🚗💨

 

 

こんな感じで、いっときは騒然となりました😨

 

 

ここで役立ったのが、日赤の救命講習です。

妻は幼児対応の講習を受けていましたから、よく起こる怪我の処置を学んでいます。

 

ところが、

細かいやり方が曖昧なのです。

 

受講したのは2年前。

その間に、今回のような怪我に遭遇した経験はなし。

おさらいは、受けたその年に数回程度。

 

これではいざというときに活用できません!

本人も反省の様子😞

 

 

以前に、大島治療院のInstagramに患部を固定する際の画像をアップしてありました。

 

 

それを見ながら手順を確認し、無事幹部の固定が終了しました。

 

スマホは本当に役立ちます。

慌ててしまった時ほど画像の力は大きいですね。

 

 

改めて思います。

 

『学んでも使わなければ意味がない』

 

もう一つ踏み込むと、

 

誰が見てもわかりやすい方法で伝えることも大切

 

 

家庭内の事故はほとんどが防げるものばかりです。

幼児に怪我をさせたとあれば、ほぼ100%親の不注意です。

 

猛省するとともに、「いざ」というときのために備えておくことは、やはり大切なのだと再確認する出来事でした😔

 

 

 

#頭の怪我 #幼児の事故 #幼児の怪我 #救命講習 #怪我のし