日記

2021-08-02 23:36:00

懐かしのニ槽式洗濯機

 

9A61F91F-FE95-4E6F-B086-EE9104B9D597.jpeg

懐かしい姿の洗濯機がやってきました!

洗い→脱水→すすぎ→脱水

の順で洗濯物を出し入れしながらタイマーを回して動かす洗濯機です。

ああ、だから全自動!…などと、いつもの洗濯機に変に納得してしまいます。

 

ジッジッジッジッとタイマーのつまみが戻っていく様が愛らしいです。

 

脱水槽への詰め方を間違うとガッタンガッタンいうところもご愛嬌♡

めっちゃ脱水してくれます!

2分も回せば「乾いてないか?」ぐらいになります。

洗濯槽も小さいため少量の水でしっかり洗えますし、回転がすごい勢いです。

おしゃれ着はやめた方がよさそう…(汗)

 

小型なので少量しか入れられませんが、少しでも『ロス』を無くすための大きな試みです。

 

 

とにかく量が多い我が家の洗濯物。

仕事着も結構な量です。

「仕事」と「家事」で回し分けますが、それを考慮しなくても多いです😩

 

まだ記事の続きが書けていませんが、去年からアルカリ洗濯を始めてみて、

粉石けんに落ち着きつつあります。

なんといっても汚れ落ち完璧👍

汗臭&生乾き臭、一切なし👍

 

ところが、

泡立てて洗うため、泡を排水するのに大量の水を使います。

繊維の中にはいろいろと「吸着」する子もおり、何度すすいでもヌルヌルするので困ります。

 

一度の洗濯に使う石けんの量もまあまあです。

なんとかならないかなぁと思案していたところ、ふと気付きました。

洗った後の石けん水が泡立ったままなことに。

 

これってまだ洗えるってことです。

石けん洗濯は泡の力で汚れを落とすので、泡立っているうちは洗浄力もしっかりと残っています。

触るとわかりますが、石けん水のヌルヌルがすごいです。素手で触ると、何度すすいでもなんかヌルヌルしてイヤです(涙)

 

この水を使い回していくと、段々と泡立ちがなくなっていきます。

触った感じは、ヌルヌル→さらさらに変わっています。

 

そこまで使い回すと洗濯の意味がなくなってしまいますが、2、3回なら余裕でいけます。

 

これを全自動でやると、すすぎ・脱水の工程に進めず、洗濯が終わりません(−_−;)

 

付け置き用のバケツを増やそうかと検索魔になって見つけたのが、このウォッシュマン!

我が家の時短マシーンにニューフェイス登場です‼︎

 

ムダをなくす

大切に使う

 

家庭から出るものは本当に多いですから、

できるところから取り組み続けたいです。

(子供がいろいろとパンフレットをもらってくるせいか、日々SDGsを意識してます。)

 

 

なんて語っていますが

頑張っているのは、やはりママでありパパでもある妻です(笑)

いやあ、木を切る姿は勇ましいですが、

ずぶ濡れで洗濯物を捌く姿もなかなかです(^_^;)