日記

2021-04-10 12:33:00

水イボの処置、イソジンを試す

 

みなさん、こんにちは。

令和3年もコロナ自粛からの始まりでしたが、もう4月。いよいよ新年度が始まりました。

昨年は突如、学校が休校になり日本全体が混乱した春でした。

今年はどうでしょうか…。

 

先日、息子の学用品を買いに行きましたが、商業施設の混雑ぶりに驚きました。

入るのも出るのも大変💦ものすごい“密”でした。

ようやく自粛も終わり、日々の生活も活発になってきているのでしょうか。

 

 

治療院の訪問業務は一部自粛があり、また別の仕事のスタートもありで、気持ち新たに新年度を迎えております。

ひとえに、皆様のご理解とご協力のおかげです。

ありがとうございます。

 

  

ずいぶんと経ってしまいましたが、

水いぼについて、進展がありましたのでご報告いたします!

昨年夏前から始まった水イボに変化が出始めました。

それも悪い方に…。

3801721D-4816-4C9F-9DF1-7AAF9B9E99D1.jpeg

3C837905-EBFD-41B1-B8A5-D40F9EC23BD1.jpeg

こんな感じで、水疱が大きくなり、数もどんどん増えてきました。

暖かくなってきて汗をかき、無意識に掻いているのかもしれません。

それとも、治る過程でこうなるのでしょうか。

 

 

年末までは、根気よく紫雲膏を塗り続けていました。

ですが、被覆する布を留めるためのテープでかぶれてしまい、紫雲膏の効果が薄れてしまっていました。

包帯を巻いたりもしましたが、すぐにずれてしまいます。

紫雲膏は、べったりと患部にくっついていないと効果を発揮してくれません。

何ヶ月もかかってようやく水疱に芯のような小さな粒が見え始めたところでしたが、そのままの状態で冬を過ごしました。

F17A7B50-F102-4B64-9B36-8CD88FE7AF2B.jpeg

(写真では芯が見えにくいかも)

 

被覆できないため紫雲膏はやめ、ワセリン塗布などの乾燥対策のみにしても、2ヶ月くらいは変化なし。

 

ところが、3月に入り気温が上がってきた途端に、水疱が大きくなり、水疱付近の皮膚もうっすらピンクになってきたため、急遽処置を変更。

 

思い切って、イソジン消毒を試してみました。

4E6C689F-7C3F-406A-9754-9BF072CD9DF7.jpeg 

 

EDD02B71-38B1-495C-B807-B2A0298BF511.jpeg

 

 

本当は、毎晩根気よく処置するようですが、できない日もありました。

結局、数日おきのペースでしたが、一週間しないうちに水疱が腫れ上がってきました。

 

D32F3BAA-3A09-4F48-915D-766409E88758.jpeg

 

心なしか、水疱全体が乾燥してきたようにも見えます。

イソジン消毒をしたら、ワセリンかオイルを塗布して乾燥対策をしていましたが、それだけイソジンの消毒効果が強いということなのでしょうか。

これで毎日うがいなんてしたら、喉は大丈夫かと思ってしまうほどの変化です。

 

38A88ECF-900A-436C-A0F8-F85C921A27CF.jpeg

 

F80B77C9-EF32-4482-955A-5C380B7F382F.jpeg

 

写真の向きが一定ではなく、わかりづらいですが、確実に治ってきています❗️

 

イソジン消毒を始めると、水疱が大きくなり、腫れたように赤みが増します。

その後、乾燥が始まり、水疱の中央に芯が見え始め、水疱が破れます。

鼻の角栓取りではありませんが、白いものがにょろっと出てきて、乾燥した皮膚(かわ)とくっついて潰れかかった水疱の上に乗っかるように現れます。

無理に取らず、きちんと優しく泡で洗い、イソジン消毒と乾燥対策のための保護剤塗布を続けます。

すると、乗っかっていたものはキレイに取れて膨らみもなくなり、皮膚にはアザのような痕が残ります。

痕が残るのかあ…と思っていたのですが、一週間もすれば、痕もうすくなり、消えていくようです。

 

小さかった水疱も、次から次へと急速に成長して、終わっていく様が見て取れます。

 

 

ヨクイニンは、飲み続けています。

目に見えた効果が得られませんが、水イボができて治らないということは、もともと皮膚が弱いということですから。

免疫アップになるなら、少しでも続けたいと思います。

ただ、通園中は昼に飲めないので、それもどうなのかという葛藤はあります。

 

かかりつけの小児科では、第一選択が摘み取りでした。

摘み取った後も、水イボは順調に育っていきました。

消えたものもありますが、ほとんどが摘み取りきれずに再発。新たなものも加わってポツポツキラキラ状態でした。

 

ドクターによって見解も処置方法も様々です。

私が参考にしたのは、東京にあるユアクリニックのドクターによる記事です。

本当に丁寧に書かれていて、真剣に悩んでいる親御さんの味方だと感謝しています。

 

 

なかなか治らないお子さんの水イボにお困りの方へ

ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ネットには様々な情報が溢れていますが、安易に試すのは危険です。

臨床が定かでない情報を、我が子の症状と同じように考えるのは本当に危険です。

かといって、かかりつけ医が水イボを専門に治療されているとも限りません。

小さいお子さんを抱えて病院をはしごするのも現実的ではないため、

ご参考までに紹介させていただきました。

 

※イソジンは強い消毒効果があります。

皮膚の薄い場所や、健康な皮膚、幼児の肌に安易に塗ってしまうのは危険です。

かかりつけ医にご相談された上でお試しになるのがよいかと思います。

 

  

 

♪( ´θ`)ノ( ゚д゚)(・ω・)ノ

◀︎関連記事▶︎