日記

2021-04-10 12:33:00

水イボの処置、イソジンを試す

 

みなさん、こんにちは。

令和3年もコロナ自粛からの始まりでしたが、もう4月。いよいよ新年度が始まりました。

昨年は突如、学校が休校になり日本全体が混乱した春でした。

今年はどうでしょうか…。

 

先日、息子の学用品を買いに行きましたが、商業施設の混雑ぶりに驚きました。

入るのも出るのも大変💦ものすごい“密”でした。

ようやく自粛も終わり、日々の生活も活発になってきているのでしょうか。

 

 

治療院の訪問業務は一部自粛があり、また別の仕事のスタートもありで、気持ち新たに新年度を迎えております。

ひとえに、皆様のご理解とご協力のおかげです。

ありがとうございます。

 

  

ずいぶんと経ってしまいましたが、

水いぼについて、進展がありましたのでご報告いたします!

昨年夏前から始まった水イボに変化が出始めました。

それも悪い方に…。

3801721D-4816-4C9F-9DF1-7AAF9B9E99D1.jpeg

3C837905-EBFD-41B1-B8A5-D40F9EC23BD1.jpeg

こんな感じで、水疱が大きくなり、数もどんどん増えてきました。

暖かくなってきて汗をかき、無意識に掻いているのかもしれません。

それとも、治る過程でこうなるのでしょうか。

 

 

年末までは、根気よく紫雲膏を塗り続けていました。

ですが、被覆する布を留めるためのテープでかぶれてしまい、紫雲膏の効果が薄れてしまっていました。

包帯を巻いたりもしましたが、すぐにずれてしまいます。

紫雲膏は、べったりと患部にくっついていないと効果を発揮してくれません。

何ヶ月もかかってようやく水疱に芯のような小さな粒が見え始めたところでしたが、そのままの状態で冬を過ごしました。

F17A7B50-F102-4B64-9B36-8CD88FE7AF2B.jpeg

(写真では芯が見えにくいかも)

 

被覆できないため紫雲膏はやめ、ワセリン塗布などの乾燥対策のみにしても、2ヶ月くらいは変化なし。

 

ところが、3月に入り気温が上がってきた途端に、水疱が大きくなり、水疱付近の皮膚もうっすらピンクになってきたため、急遽処置を変更。

 

思い切って、イソジン消毒を試してみました。

4E6C689F-7C3F-406A-9754-9BF072CD9DF7.jpeg 

 

EDD02B71-38B1-495C-B807-B2A0298BF511.jpeg

 

 

本当は、毎晩根気よく処置するようですが、できない日もありました。

結局、数日おきのペースでしたが、一週間しないうちに水疱が腫れ上がってきました。

 

D32F3BAA-3A09-4F48-915D-766409E88758.jpeg

 

心なしか、水疱全体が乾燥してきたようにも見えます。

イソジン消毒をしたら、ワセリンかオイルを塗布して乾燥対策をしていましたが、それだけイソジンの消毒効果が強いということなのでしょうか。

これで毎日うがいなんてしたら、喉は大丈夫かと思ってしまうほどの変化です。

 

38A88ECF-900A-436C-A0F8-F85C921A27CF.jpeg

 

F80B77C9-EF32-4482-955A-5C380B7F382F.jpeg

 

写真の向きが一定ではなく、わかりづらいですが、確実に治ってきています❗️

 

イソジン消毒を始めると、水疱が大きくなり、腫れたように赤みが増します。

その後、乾燥が始まり、水疱の中央に芯が見え始め、水疱が破れます。

鼻の角栓取りではありませんが、白いものがにょろっと出てきて、乾燥した皮膚(かわ)とくっついて潰れかかった水疱の上に乗っかるように現れます。

無理に取らず、きちんと優しく泡で洗い、イソジン消毒と乾燥対策のための保護剤塗布を続けます。

すると、乗っかっていたものはキレイに取れて膨らみもなくなり、皮膚にはアザのような痕が残ります。

痕が残るのかあ…と思っていたのですが、一週間もすれば、痕もうすくなり、消えていくようです。

 

小さかった水疱も、次から次へと急速に成長して、終わっていく様が見て取れます。

 

 

ヨクイニンは、飲み続けています。

目に見えた効果が得られませんが、水イボができて治らないということは、もともと皮膚が弱いということですから。

免疫アップになるなら、少しでも続けたいと思います。

ただ、通園中は昼に飲めないので、それもどうなのかという葛藤はあります。

 

かかりつけの小児科では、第一選択が摘み取りでした。

摘み取った後も、水イボは順調に育っていきました。

消えたものもありますが、ほとんどが摘み取りきれずに再発。新たなものも加わってポツポツキラキラ状態でした。

 

ドクターによって見解も処置方法も様々です。

私が参考にしたのは、東京にあるユアクリニックのドクターによる記事です。

本当に丁寧に書かれていて、真剣に悩んでいる親御さんの味方だと感謝しています。

 

 

なかなか治らないお子さんの水イボにお困りの方へ

ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ネットには様々な情報が溢れていますが、安易に試すのは危険です。

臨床が定かでない情報を、我が子の症状と同じように考えるのは本当に危険です。

かといって、かかりつけ医が水イボを専門に治療されているとも限りません。

小さいお子さんを抱えて病院をはしごするのも現実的ではないため、

ご参考までに紹介させていただきました。

 

※イソジンは強い消毒効果があります。

皮膚の薄い場所や、健康な皮膚、幼児の肌に安易に塗ってしまうのは危険です。

かかりつけ医にご相談された上でお試しになるのがよいかと思います。

 

  

 

♪( ´θ`)ノ( ゚д゚)(・ω・)ノ

◀︎関連記事▶︎

2020-09-26 01:10:00

水イボのその後②

 

こんにちは、大島治療院です。

台風の季節になりましたが、子供の頃とは随分と様変わりしました。

ある時、天気予報で台風の進路が日本海へ進んでいくのをみて驚いたのを覚えています。

 

子供の頃によく見ていた天気予報の図。

「台風といえば太平洋側」

こんな思い込みがあったのだなあ、などといろいろ思います。

 

 

それにしても、昨日の名古屋はよく降りました。

湿度が高いと、あせもが増えるため大島家では厳戒態勢です。

 

水いぼはというと、

なかなか無くなりません。

水いぼのその後②

 

  

あせもがあるので、正直区別がつかないポツポツもあります。

 

67594A96-B05E-4CFB-9754-02DD398A97FE.jpeg

 

ひたすら紫雲膏を塗り続けます。

 

498DA631-2334-4C02-A7A6-5F466A3EAF9C.jpeg

ヨクイニンは…

やはり飲み忘れます(汗)

 

肌へのアプローチは本当に難しいですね。

 

最近はお灸もしてあげられてません(涙)

 

 

 

♪( ´θ`)ノ( ゚д゚)(・ω・)ノ

◀︎関連記事▶︎

2020-09-11 20:05:00

水イボのその後①

 

こんにちは、大島治療院です。

 

当院事務所は名古屋市西区ですが、昨晩と今日の雷⚡️はものすごい勢いでした。

夕方にも雷鳴が轟いていましたが、光って1秒後?にドーン⚡️⚡️と響いて😣

 

下校時に落雷の可能性があれば、下校時刻をずらすなど、学校側は対応してくれるのだろうかと心配になるような天候です。

 

同県内で高校生が落雷に遭って亡くなったという数年前の報道が思い出されます。

本当に恐ろしいです。

 

皆さん、雷鳴が聞こえたら、光ってから音が鳴るまでの時間をカウントしましょう。

20秒切るようなら建物から出ない方が安心です。

 

 

今日も水イボ話題ですが、

昨日から「紫雲膏をたっぷり塗って絆創膏を貼る」を実践中、

の続きです。

 

薬が取れてしまわないよう絆創膏を貼りまくりましたが、

すっかり忘れていたことがありました。

 

我が家の次男坊は皮膚が繊細なので、テープを貼りっぱなしにするとかぶれるんです。

 

剥がしてみて(しまった…)と心中でつぶやき、綿100%の服を選んで着せました。

 

おまけに今日に限って化繊の肌着を着せてしまい、後悔しきりです。

せっかく治りかけたあせもが背中一面に再登場。

一日と経たず蕁麻疹のような状態になってしまいました。

 

そもそも水イボができる時点で肌が繊細なことがわかります。

皮膚から病気をもらってくることが多い印象がある子なので、気付くべきでした。

 

 

皆さん、こちらを読んでくださり、紫雲膏を試される場合は、覆う物に注意してください。

 

テープはかぶれる危険大です😭

 

 

 

♪( ´θ`)ノ( ゚д゚)(・ω・)ノ

◀︎関連記事▶︎

2020-09-11 00:40:00

ぶり返す水イボの対処法

 

皆さん、こんにちは。大島治療院です。 

 

40度超?の暑さピークは過ぎましたが、雨続きの30度超で蒸し暑い日々が続きます。

 

梅雨の長雨に異常な猛暑で室内はエアコンがフル稼働。

皮膚が悲鳴を上げていませんか?

 

夏の疲れが肌の免疫を落とし、大人でも「あせも」ができやすい環境です😞

  

無意識に掻き毟る子どもは「とびひ」になってしまうこともあり、早めに気付いてあげることが肝心ですね。

 

 

とはいえ、

帰宅したら湯で汗を流す、石油由来のソープを避ける、体を泡で洗う、保湿するなど、気を付けていたにも関わらず、

我が家の次男坊はあっという間に「あせも」だらけになりました(涙)

 

夜は保湿にステロイドをプラス、

朝は日焼け止め&虫除けと、

塗りまくりで、これもどうなのかと思う日々😞

 

その上、少し前に小児科で摘んでもらった水イボが増えてきて😰

 

 

自然に治るとはいえ時間がかかり、ひどい場合は痒みが強く、掻き毟ることで大変な状態になるのが水イボです。

  

アトピーがある場合は、ステロイドを慎重に(水イボに触れないよう)塗らなければならずケアも大変💦

 

(ステロイドは、水イボの原因となる伝染性軟属腫ウイルスに栄養を与えて増やしてしまいます)

 

 

幸い次男坊は軽い方でその他の併発も見られないのですが、ポチポチと増えてきています。

 

 

一般に、小児科や皮膚科の水イボ処置というと、

「摘み取る、灼く、放置する」と、大きく3パターンに分かれるようです。

医師によって見解が違うんですね。

  

 

うつる上にぶり返すのが厄介な水イボ。

 

うちの子は「摘み取る」でしたが、完治からは程遠く、皮膚に傷がついたことで、結果として掻き毟る範囲が増えてしまいました。

 

 

こんな状態なので「ヨクイニン」を飲ませることにしました。

ハト麦茶にも含まれる成分「ヨクイニン」。

肌の免疫機能を高めてくれますが、効能は穏やかです。

 

 

ただ我が家の場合、

「食前、食間の服用」は飲み忘れが多く、幼稚園があり昼は飲めず、なかなか治らない

その間にお友達にうつしてしまうかも

 

悪化はしていないけれども治らない。

 

そんなときに小児科で新たに処方されたのが紫雲膏です。

 

 

「紫雲膏」

抗菌作用や抗炎症作用のある成分が含まれており、皮膚の再生を促してくれる漢方薬です。

イボや軽い火傷、外傷などに使われる軟膏です。

 

BEB30BC9-6005-48E9-9A62-0D966AD0A871.jpeg

 

幹部にたっぷり塗って、絆創膏を貼ります。

 

 

鍼灸師の息子なのに、なぜ早く対処してやれなかったのかと反省💧

早速、ヨクイニンと並行して使い始めました。

 

 

初めて見る方はびっくりするかもしれません。

 

色がちょっとキツい赤。

においがこむぎねんどみたい。

 

10005B1B-5A46-4382-9831-B06589A277F5.jpeg

 

息子は「血みたい🩸」と気が進まない様子。

見慣れたら次は「くさいくさい」と鼻をつまんでいますが、

これも水イボをなくすため。

我慢してもらい、塗り続けます。

 

DEAC3E1A-BB8F-454F-967B-73C0E01FAA13.jpeg

 

どうしても絆創膏だと浮いてしまいますが、様子見ですね。

 

毎日取り替えるので、追加で買いに走らねば‼︎

 

 

結果は、改めてご報告します。

 

 

 

 

♪( ´θ`)ノ( ゚д゚)(・ω・)ノ

◀︎関連記事▶︎

2018-09-09 13:46:00

手足口病はどんな症状か

 

乳幼児に限らず、小児全体で夏場に注意したいのが夏風邪です。

夏風邪とは、夏に罹りやすいウイルスによって発熱や湿疹などが出る病気です。

  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • プール熱

この3つは夏風邪の定番です。誰もがかかるわけではありませんが、うつりやすい病気です。

つい最近、大島家でも初の手足口病を発症しました。初めは食物アレルギーを疑いましたが、食べたものに心当たりがありません。今年はかなり蒸し暑く、あせもがすごかったため、あせもも疑いましたが、それにしてもこの湿疹はいつもと違うなという感じで、調べまくりました。

「夏、湿疹、幼児」と検索すると、上記二つが即ヒットしますが、どちらも湿疹の状態や出ている箇所が違う気がして、判断に迷いましたので、まだ罹患されていないお子様をお持ちのご家庭は、是非参考にしてください。

 

手足口病は、その名の通り、手のひらや足の裏、口の中に水疱ができる病気です。原因となるウイルスが複数あるため、感染したウイルスによって症状や起こりやすい合併症が変わってきます。

 

発熱することは少ないと言われていますが、熱が出る子は出ます。(我が家は39度近くまで上がりました)

ウイルスなので特効薬はなく、基本的には様子を見ながら自宅療養する病気です。

 

ただし、湿疹を掻きむしって酷くなったり、写真のように舌や口内にできた水疱が破れて潰瘍になり、痛がって何も食べないなど日常生活に支障が出ていたり、明らかにぐったりしていて様子がおかしい、おなかや頭を痛がる、吐く、高熱が2日以上続くなどの場合は、すぐに受診してください。

 

いきなり湿疹が出現するので、初めて見る人は本当にびっくりします。なんだこれ?と思ったら、まずはかかりつけの小児科に行くのがてっとり早いです。

今流行っている病気などの情報も教えてもらえます。

 

ちなみに、手足口病は、必ず手のひらや足の裏に水疱ができるわけではありません。

 

このようにお尻や太もも、膝や膝の裏、腕や肘などに赤いツブツブ状の湿疹ができることもあります。上の写真は湿疹が出始めて二日目の状態のため、粒も大きくなり水疱っぽいものも出始めているためわかりやすいです。

 

湿疹の出始めは小さい突起状で、写真のように蚊にでも刺されたかな?と思うようなものや、あせもと勘違いしやすいものもあります。

あれ?と思ったら、経過をよく観察してください。

 

また、湿疹が水疱になるまでには多少の時間がかかりますから、かなりの数のポツポツが突然できた場合は、あせもなどの薬を塗るのは控えたいですね。通常、手足口病で副腎皮質ホルモン剤は処方されません。湿疹がどのように変化していくかを確認することも大切です。

あせもなら、急速に赤い粒が膨れ上がったり大きくなることはありません。

 

先ほど一粒だけ虫刺されのようだった箇所は、翌日にはこのような状態になってしまっています。

掻きむしってもいないのに数時間で他の部位までとびひのようになってしまうことは通常ありませんので、こういうときは、何らかのウイルスに感染したのだと判断するのが妥当です。

 

兄弟姉妹のいるご家庭は、水筒やコップなどの食器類、タオルやシーツなどうっかり共有してしまいがちなものを徹底的に管理してくださいね。子供たちは(特に下のお子さんは)お兄ちゃん、お姉ちゃんの物を使いたがりますから。

また、鼻水をふいてあげるのも、お母さんなどの大人が処理してあげてください。鼻水が付いた手で物を食べてしまうと、やはり感染してしまいます。

 

1週間も経たず自然に快方に向かう病気ですが、ウイルスが長期間排泄されます。うんちには半月~1か月ほどウイルスが混ざっていることになりますので、手洗いうがいは欠かさずに行いたいですね。

 

まだまだ暑い日が続きます。各地で被災した方々も大勢みえます。体調を崩しやすい時期でもあります。ストレスから発病しやすい体になってしまいますので、皆様お大事にお過ごしください。

 

 

1 2