代表よりご挨拶

大島治療院 代表の大島 直也です。

私は、医療・介護・福祉業界では新参者です。大学では「心理」を学び、新卒で一般企業の営業職に就き、再び学生に戻って国家資格である鍼灸師を取得するという転身を遂げました。

学生の頃からスポーツをする傍ら、身体の機能に大変興味があり、鍼灸の道に進んだのも、その延長線上にスポーツトレーナーという職が見えていたからかもしれません。

ところが、鍼灸師取得後に勤めた会社は、後期高齢者を始めとした訪問マッサージ業でした。サラリーマンの経験を活かして営業をこなし、主任として庶務を行いながら、鍼灸師としての施術や介護予防運動指導員としての取り組み、ケアマネジャー様の主宰するサービス担当者会議への参加など、脇目も振らずに従事して参りました。その中で医療福祉分野について多くを学ぶことができ、鍼灸師として成し遂げたい目標も定まって参りました。

 

それを実現するための場が、この大島治療院です。当院では、老若男女を問わず、身体機能の向上を目指したHolistic careを実践していきたいと考えております。病気や怪我、器質や障害、老いや生活習慣など、様々な理由から身体に不安を抱えている人は大勢います。そんな人々の不安をひとつひとつ解していく手段の一つが私共の行う施術です。

 

開業に至っては、多くの方々からご助言を頂きました。身の引き締まる思いでおります。

また、この場をお借りしまして、前職のオーナーとスタッフの皆様へ心よりお礼申し上げます。右も分からぬ私を温かく受け入れて下さったこと、目一杯勤めさせて頂けたことに、心より感謝し申し上げます。

 

平成30年8月吉日

  代表 大島 直也