大島治療院

はりきゅう施術、運動器機能訓練、介護予防運動指導、卓球療法、スポーツトレーナー活動を行っております。
国家資格を持つ専門の施術者、訪問はりきゅう大島が、名古屋市、愛西市、津島市、あま市、稲沢市、北名古屋市とその近郊を訪問しております。お気軽にお尋ねください。
 052-990-2245
お問い合わせ

おおしま通信

2020 / 04 / 20  18:17

「マスク」を上手に使いましょう!

「マスク」を上手に使いましょう!

 みなさん、こんにちは。今日の名古屋は未明から大雨☔️

昼過ぎに一旦上がりましたが、まだまだ降ったり止んだりです。

 

この雨でマスクが濡れると、さらに息苦しくてしんどいです(◞‸◟)

うっかり外そうとマスクに触れてしまいそうになります💦

でも、マスク表面を触ってはいけません🙅‍♂️

(厳密には、触った手を口の中に入れてはいけません)

 

もし触ってしまったら、手洗いや消毒をしてくださいね。

 

 

 

悪天候であっても、商業施設は営業しています。

休業するテナントが目立つ中、懸命に店頭に立たれている販売員の方々に頭が下がります。

 

皆さんマスクをされています。店員の方も道ゆく人々も。

 

 

マスク不足の中どうやって手に入れているのかと思わずチラ見してしまいます。

 

 

79EB8428-8F72-4B67-AC5C-05EEF76B2355.jpeg

ー・ー・ー

サージカルマスク、布マスクなど形はさまざまですが、布or不織布といった材質の違いはあれ、ウイルスの侵入を防ぐことが第一目的の製品ではありません。

 

自身から発する〝もの〟の飛散を防ぐためのものです。

ー・ー・ー

 

 

感染予防のため「密閉・密集・密接を避ける」施策がそこかしこに見られます。

 

食料品を買いに入った商業施設では、エレベーター乗員人数が4人でした。幼いお子さんが多いご家族は階段を使うか、同伴者を増やすかしなければいけないのでしょうか。

それとも家族ならいいのでしょうか?

小さな疑問がたくさん生まれます。

 

それなら規模の小さいスーパーへ行こう!と思っても、買い占めなどで在庫切れ多発中❗️

やはり大型店舗に人が集まってしまいます。

 

 

さて、マスクの話題へ

 

この広い店内通路に「手作りマスク〇〇円」の文字が見えて、吸い寄せられてしまいました。

見ると、とても薄いガーゼ2枚(?)を重ねた長方形の端を縫っただけの簡素なマスクが数枚売られています。

 

いくらなんでもこの値段は…💧

物資の不足が深刻だと実感します。

 

一瞬迷いましたが、砂埃も普通に通過しそうで断念。

 

  

そこへ、年配の方々が数名やってきました。

楽しく談笑されています。

パーソナルスペースなど存在しないかのような動きで接近し、至近距離での談笑が始まりました(汗)

 

この談笑、メインのお声はお一人のもので、他の方々は頷いたり軽く応答したりするのみ。

大きな声の主は、ただお一人、ノーマスクで目立っていました。

 

「密閉・密集・密接」

この3文字が脳裏をよぎります(・・;)

 

しばらくして解散になったのか、ノーマスクの御仁だけがふらっとフードコートの中へ。

気になって仕方ありません。

かなり静かな店内でめちゃくちゃ目立ってましたから。

 

店内を見渡した後、一直線に目的のお店へ向かいました。飲食されるのかと思いきや、これまた一段と大きな声で店員さんに話しかけ始めました。

  

お顔はノーマスクのままです。

あの音量だと飛散する唾もまぁまぁの量かと想像してしまいます。

 

お店の方は、マスクや帽子、手袋など、日頃から衛生面にとても気を遣って食事を提供してくださっています。

 

こちらの御仁はどのようにお考えなのでしょう。

 

 

偶然にも店外近くの歩道でこの御仁とすれ違いました。歩道のど真ん中で仁王立ち。どうされたのかと思っていたら、路駐している車のドライバーが車外へ出てくるのを見計らって近づいていきます。

 

どうやら、道路脇に路駐して商品を搬入している(しようとしている)方に話しかけようとしていたようです。

 

これもまたかなりの至近距離。もちろんノーマスクのまま…。

 

この方は、かれこれ1時間は近辺を散策されていたかと思います。ひょっとしたらそれ以上かも

 

 

マスクの問題だけではありませんが、皆さんは今、人と接するときにどのようなことに注意していますか?

 

 

自宅にこもりっぱなしは健康的とは言えませんが、散歩がてら人と挨拶を交わし、世間話をする際は相当に気を遣った方がよい状況です。

 

全くの無言もつらいものはありますが、ノーマスクで至近距離の会話を何十分も続けるのは、やはり避けるべきかと思います。

 

布マスクでウイルスの侵入は防げませんが、自身の唾が飛ぶのを防ぐには十分です。

  

たとえご自身が感染していないと断言できる状態だとしても、

・感染して死ぬのが怖い

・自分たちが感染して入院したら子どもたちは…

・高齢の親にはうつせない

・職場に広めたら大変

など、新型コロナウイルスに感染することへの懸念は多岐に渡ります。

 

 

今日本が取っている措置が変わらない以上、人々の心配は尽きないでしょう。

こうした状況への配慮は、社会人として必要なことだと改めて思いました。

 

自身にも、家族にも、言い聞かせたいことです。

 

 

C7213168-70E9-425B-A879-CBDC9673D511.jpeg

 

👆人と接するときはマスクを着用し、適度な距離を保ちましょう。

 

マスクのないときは、唾が飛ぶような話し方を控え、距離を長く時間を短くしましょう。

 

※マスクの再利用にも注意‼︎

布マスクの方も増えてきています。使い捨てマスク同様、マスク表面を触らないようにして、使用する度に新しいものと取り替えるのをお忘れなく。

 

そして、ハンカチと同じだと思って、湿ったら変えましょう。

毎日洗濯して新しいものを数枚持ち歩くのがベストです。

 

食事のときに外す→ポケットへクシャっと入れる→またはめる

これはやめましょう🙅‍♂️

 

・内折りにする→外の表面に触れないように何かに包むorビニール袋に入れる

・外折りにする→内側の面が外気に触れるため、やはりできる限り内側の面が触れないよう何かに包むかビニール袋へ入れる 

 

 

全ては口の中にウイルスを入れないためです。

カバンやスマホを触ったままの手でおにぎりを食べてしまったら、マスクの厳重管理も水の泡。

 

潔癖になるのではなく、何に気をつけるのかをはっきりさせて行動したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

2020.10.23 Friday