大島治療院

はりきゅう施術、運動器機能訓練、介護予防運動指導、卓球療法、スポーツトレーナー活動を行っております。
国家資格を持つ専門の施術者、訪問はりきゅう大島が、名古屋市、愛西市、津島市、あま市、稲沢市、北名古屋市とその近郊を訪問しております。お気軽にお尋ねください。
 052-990-2245
お問い合わせ

おおしま通信

2021 / 04 / 10  12:33

水イボに画期的な対処法を実践中!

水イボに画期的な対処法を実践中!

みなさん、こんにちは。

令和3年もコロナ自粛からの始まりでしたが、もう4月。いよいよ新年度が始まりました。

昨年は突如、学校が休校になり日本全体が混乱した春でした。

今年はどうでしょうか…。

 

先日、息子の学用品を買いに行きましたが、商業施設の混雑ぶりに驚きました。

入るのも出るのも大変💦ものすごい“密”でした。

ようやく自粛も終わり、日々の生活も活発になってきているのでしょうか。

 

 

治療院の訪問業務は一部自粛があり、また別の仕事のスタートもありで、気持ち新たに新年度を迎えております。

ひとえに、皆様のご理解とご協力のおかげです。

ありがとうございます。

 

  

ずいぶんと経ってしまいましたが、

水いぼについて、進展がありましたのでご報告いたします!

昨年夏前から始まった水イボに変化が出始めました。

それも悪い方に…。

3801721D-4816-4C9F-9DF1-7AAF9B9E99D1.jpeg

3C837905-EBFD-41B1-B8A5-D40F9EC23BD1.jpeg

こんな感じで、水疱が大きくなり、数もどんどん増えてきました。

暖かくなってきて汗をかき、無意識に掻いているのかもしれません。

それとも、治る過程でこうなるのでしょうか。

 

 

年末までは、根気よく紫雲膏を塗り続けていました。

ですが、被覆する布を留めるためのテープでかぶれてしまい、紫雲膏の効果が薄れてしまっていました。

包帯を巻いたりもしましたが、すぐにずれてしまいます。

紫雲膏は、べったりと患部にくっついていないと効果を発揮してくれません。

何ヶ月もかかってようやく水疱に芯のような小さな粒が見え始めたところでしたが、そのままの状態で冬を過ごしました。

F17A7B50-F102-4B64-9B36-8CD88FE7AF2B.jpeg

(写真では芯が見えにくいかも)

 

被覆できないため紫雲膏はやめ、ワセリン塗布などの乾燥対策のみにしても、2ヶ月くらいは変化なし。

 

ところが、3月に入り気温が上がってきた途端に、水疱が大きくなり、水疱付近の皮膚もうっすらピンクになってきたため、急遽処置を変更。

 

思い切って、イソジン消毒を試してみました。

4E6C689F-7C3F-406A-9754-9BF072CD9DF7.jpeg 

 

EDD02B71-38B1-495C-B807-B2A0298BF511.jpeg

 

 

本当は、毎晩根気よく処置するようですが、できない日もありました。

結局、数日おきのペースでしたが、一週間しないうちに水疱が腫れ上がってきました。

 

D32F3BAA-3A09-4F48-915D-766409E88758.jpeg

 

心なしか、水疱全体が乾燥してきたようにも見えます。

イソジン消毒をしたら、ワセリンかオイルを塗布して乾燥対策をしていましたが、それだけイソジンの消毒効果が強いということなのでしょうか。

これで毎日うがいなんてしたら、喉は大丈夫かと思ってしまうほどの変化です。

 

38A88ECF-900A-436C-A0F8-F85C921A27CF.jpeg

 

F80B77C9-EF32-4482-955A-5C380B7F382F.jpeg

 

写真の向きが一定ではなく、わかりづらいですが、確実に治ってきています❗️

 

イソジン消毒を始めると、水疱が大きくなり、腫れたように赤みが増します。

その後、乾燥が始まり、水疱の中央に芯が見え始め、水疱が破れます。

鼻の角栓取りではありませんが、白いものがにょろっと出てきて、乾燥した皮膚(かわ)とくっついて潰れかかった水疱の上に乗っかるように現れます。

無理に取らず、きちんと優しく泡で洗い、イソジン消毒と乾燥対策のための保護剤塗布を続けます。

すると、乗っかっていたものはキレイに取れて膨らみもなくなり、皮膚にはアザのような痕が残ります。

痕が残るのかあ…と思っていたのですが、一週間もすれば、痕もうすくなり、消えていくようです。

 

小さかった水疱も、次から次へと急速に成長して、終わっていく様が見て取れます。

 

 

ヨクイニンは、飲み続けています。

目に見えた効果が得られませんが、水イボができて治らないということは、もともと皮膚が弱いということですから。

免疫アップになるなら、少しでも続けたいと思います。

ただ、通園中は昼に飲めないので、それもどうなのかという葛藤はあります。

 

かかりつけの小児科では、第一選択が摘み取りでした。

摘み取った後も、水イボは順調に育っていきました。

消えたものもありますが、ほとんどが摘み取りきれずに再発。新たなものも加わってポツポツキラキラ状態でした。

 

ドクターによって見解も処置方法も様々です。

私が参考にしたのは、東京にあるユアクリニックのドクターによる記事です。

本当に丁寧に書かれていて、真剣に悩んでいる親御さんの見方だと感謝しています。

 

 

なかなか治らないお子さんの水イボにお困りの方へ

ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ネットには様々な情報が溢れていますが、安易に試すのは危険です。

臨床が定かでない情報を、我が子の症状と同じように考えるのは本当に危険です。

かといって、かかりつけ医が水イボを専門に治療されているとも限りません。

小さいお子さんを抱えて病院をはしごするのも現実的ではないため、

ご参考までに紹介させていただきました。

 

※イソジンは強い消毒効果があります。

皮膚の薄い場所や、健康な皮膚、幼児の肌に安易に塗ってしまうのは危険です。

かかりつけ医にご相談された上でお試しになるのがよいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021 / 02 / 16  20:48

余寒お見舞い申し上げます

余寒お見舞い申し上げます

 

立春が過ぎ、晴れ間が暖かく心地よさを感じる季節がやってきました。

 

とはいえ、気温は安定しません。

昨日は日射しが暖かかった☺️

今日は風が一段と寒い🍃

明日は一気に冬に逆戻りの予報🥶

  

 

こうした寒暖差は体調維持の強敵ですが、皆様はいかがお過ごしですか?

 

 

今年の大寒波は、名古屋ですら底冷えを感じるほどでした。

雪深い地域の様子を伝える報道も、多かったように思います。

 

 

今朝も冬ならではのメロディが聴こえてきました。

この地域特有なのか、どうでしょうか。

 

「チャ、チャララ、チャララ、チャララ〜♪」灯油を売るトラックです🛻

 

 

 

再び自粛となり、昨年を振り返ります。

2月は大きく生活が変わり始めた頃。店先からペーパー類が姿を消し、マスクやアルコールの入手困難が目前に迫っていることに、私自身はまだ気付いていなかったように思います。

 

 

 

今年は

ものすごく慌ただしくしています。(残念ながらいつものことですが…~_~;

例年と違うのは、我が家が、治療院事務所が、めちゃくちゃにごった返していることです💦

 

FD9CC918-A8E2-4E6C-AC12-FCC1FBE78974.jpeg

 

まるで引っ越しそのもの‼︎

 

というのも、

昨年リモートワークをしてみて、さまざまな講習に参加し、鍼灸師としてできることを模索し続けた結果、

「部屋が狭すぎて仕事にならない」

というわかり切った結論に辿り着きました😭

 

オンラインが始まるたび、部屋の物を移動させ、終われば再び戻すことの繰り返し。

 

E56A1D33-2D73-4536-B27D-03A7F33E0B0D.jpeg

この後ろ向きな作業が時間を圧迫し、何をしているのかわからない状況が続きます。

 

 

事業用の物たちが生活エリアをどんどん侵食し、子供たちにも窮屈な思いをさせてしまっています。

 

 

また、ひとたびオンラインが始まると、生活音がそのまま音声へと流れてしまい、これまた仕事にならない💧

 

 

この状況は今後も続くはずです。

収入が乏しくとも決断せざるを得ず、ついに決めました。

 

 

「オンライン用の物品購入」

「オフィス家具の購入」

「子供部屋をつぶす」

「生活用家具の処分」

家族会議の末、以上を決行することにしました。

 

 

当治療院は常駐2名。うち1名は外へ訪問(出張専門のため)or部屋に篭りリモートワーク。夜な夜なデスクワーク。

うち1名は、事務その他の庶務全般をパートタイムでこなすのみ。

 

ここに、プラスアルファの作業が加わり、てんやわんやの毎日です💦

引っ越し準備と物の発注、搬入。

少しでもお値打ちに良い物を買うためのネットサーフィン💧

 

 

きっとそんな方々は大勢いらっしゃるのだろうと、皆が頑張っている!

と、気持ちを奮い立たせて、環境づくりに励んでいます。

 

 

はりきゅう施術は自粛要請外の事業で、私共の訪問施術は、コロナウイルスに限らず、感染対策に万全を期した上でお伺いしております。

 

少しでも感染の疑いがある場合は、念には念を入れての自粛を早めに開始し、皆様の元へウイルスを運んでしまわぬようにいたしております。

 

現在も施術は継続中です。

ですが、リモートでも皆様の健康維持の一助となれるよう、知恵を振り絞り、工夫に工夫を重ねて邁進してまいります💪

 

  

皆様、こんな大島治療院ですが、今後共よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2021 / 01 / 07  20:31

毛が生えてきました❗️

毛が生えてきました❗️

こんばんは、大島治療院です。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

 

 

年を新たに、いきなりの「毛」話題です。

しばらく更新がなかったのは、「生えてこなかったからじゃないのか…」なんて疑念を抱かれてしまったかもしれませんね😅

 

毎年、年末年始はバタバタしています。

きっと、そういった方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

年の瀬の粛々とした(?)感じも、年を新たにする凛とした(?)雰囲気もなく、「行く年来る年」が猪突猛進のように過ぎ去っていきます。

 

…伊之助もびっくりですね( ̄▽ ̄)

 

 

それでは、本題へ。

円形脱毛症のその後です。

AD0FB259-60F4-4F87-873F-E930CBB94807.jpeg

こちらは、昨年11月下旬の脱毛部位です。

 

こまめなケアができず、たま〰︎に刺鍼する程度でした。

(なんとかしたい気持ちはあるのですが、気がつくと寝落ちしてしまいます😭)

 

それが、年を越して改めて見てみると、こんな感じに発毛していました。

  

0EA64612-3E21-44BD-898D-2D443C945C52.jpeg

 

昨年11月の写真との違い、わかりますか? 

 

 6D42E4D5-74BF-4A3D-B63D-7655F5444429.jpeg

 

近づいてみても、やっぱり生えています。

只今育毛中といったところでしょうか。

 

円形脱毛症に対して主に行ったことは、

①脱毛部位への鍼刺激

②炭酸シャンプーを使った洗髪

この二つです。

 

炭酸シャンプーは妻が美容院で買ってきた物です。

90A68F88-A6FA-4650-AB61-1C7544095593.jpeg

「ノット」という美容院でしか購入できない特別なシャンプーだそうです。

頭に残った泡でそのまま体が洗えてしまう!

と言われてやってみましたが、さすがに上半身のかなり上の方で泡切れしてしまいました。

 

4歳児の息子は全身アワアワでいけます。

4年生の息子は、お腹あたりまで洗えました。

 

 

我が家は、「脱」合成洗剤!とまではいかないまでも、肌への刺激を減らすために、洗剤に含まれる「界面活性剤」を警戒しています。

 

その話をしたら勧められたそうです。

  

 

 

発毛には何が良かったのか。

正直なところ特定はできませんが、トライしたことは功を奏してくれたようです。

 

ひとまず、ご報告まで。 

2021 / 01 / 04  20:45

謹賀新年🎍

謹賀新年🎍

 

あけまして

おめでとうございます

 

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

 

2021年1月4日

 

2020 / 11 / 22  22:10

シトラスリボン運動を広げよう

シトラスリボン運動を広げよう

皆さん、こんにちは。大島治療院です。

この2週間ほど、とても慌ただしく、あっという間に11月も後半になってしまいました。

 

でも振り返ればいつもバタバタしています…(-.-;

 

  

久々の更新ですが、

なんだこの色は⁇⁇と思われた皆様。

タイトルの「シトラスリボン」になぞらえてみました。

 

 

今月に入り、社会問題となっているコロナ差別・偏見を改めて考える機会がありました。

 

そこで、今日は

大島治療院もシトラスリボン運動に賛同しています!

とお伝えすべく、わかりやすく柑橘系の色(?)にしてみました。

 

さすがにこの一色だと、ちょっと見にくいですね(~_~;)

 

 

シトラスリボン運動とは

愛媛発の『ちょびっと19+』というグループが発信するプロジェクト『シトラスリボンプロジェクト』を広める運動です。

 

コロナ差別や偏見が

検査を受けることや、職場・学校などに報告すること、普通に暮らすことを阻んでいます。

 

こうした環境を変えようという動きです。

 

 

差別や偏見はごく身近に存在しています。

それも思いも寄らないところで。

 

きっと

差別する方、偏見を持って接する方は

「そんなつもりがない」のだと思います。

差別した覚えも、偏見を持って接したつもりもないのでしょう。

 

  

差別や偏見が起こるのは

そこに「怖れ」があるからです。

怖れを少しでも小さくするには

「学ぶこと」が一番効果的です。

 

知らないから過剰に怖れ

知らないから遠ざける

知らないから見ないようにし

知らないことで知らないうちに人を傷つけてしまう

 

 

そんなことがないよう

みんなが安心して暮らしていけるよう

私達ひとりひとりができることを

できるところから

始めていきませんか?

 

 

シトラスリボン…

🎀でもなく

🎗でもない

 ・

 ・

 ・

つくるのは「ちょびっと」むずかしい💧

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2021.05.09 Sunday